Language

鶴の舞橋(つるのまいはし)日本一の木造三連太鼓橋

tsurunomaibridge01
津軽富士見湖にかかる木造のアーチ橋鶴の舞橋は平成6年7月8日、岩木山の雄大な山影を湖面に美しく映す津軽富士見湖に、日本一長い木の橋「鶴の舞橋」として架けられました。全長300メートルもの三連太鼓橋はぬくもりを感じさせるような優しいアーチをしており、鶴と国際交流の里・鶴田町のシンボルとして、多くの人々に愛されています。
岩木山を背景にした舞橋の姿が鶴が空に舞う姿に見えるとも言われ、また、橋を渡ると長生きができるとも言われています。

夜明けとともに浮かび上がる湖面の橋の姿や、夕陽に色づく湖と鶴の舞橋は絶景で、季節の移り変わりと共に多くの観光客たちの目を楽しませています。

鶴の舞橋の架かる津軽富士見湖

鶴の舞橋が架かる廻堰大溜池(まわりぜきおおためいけ)通称津軽富士見湖には、昔話のように語り継がれている伝説があります。鶴田町を統治する城主と町娘にまつわる悲恋物語です。
鶴の舞橋

富士見湖パークから丹頂鶴自然公園へ

鶴の舞橋を挟んで富士見湖パーク丹頂鶴自然公園があります。
富士見湖パークではピクニック広場や遊戯施設、また、魚釣りやボートに乗って景色を楽しむなど、家族で訪れるスポットとして人気があります。
丹頂鶴自然公園では丹頂鶴を見ることも出来ます。

富士見湖パークから丹頂鶴記念公園へかかる鶴の舞橋日本一長い木の橋「鶴の舞橋」鶴の舞橋で行われるキャンドルナイト鶴の舞橋で行われるキャンドルナイト

概要

名称 鶴の舞橋
長さ 300メートル
3メートル
橋脚の径 直径30センチ(樹齢150年以上を700本)
使用材料 青森県産「ひば」1等材
使用量 丸太3千本、板材3千枚(4LDKだと約30棟)
休憩所 大ステージ:10メートル×21メートル
小ステージ:9メートル×9メートル
溜池名称 廻堰大溜池(まわりぜきおおためいけ)
溜池通称 津軽富士見湖
完成 平成6年7月8日

アクセス

住所 〒038-3542 青森県北津軽郡鶴田町廻堰大沢81-150
電話 0173-22-6211(富士見湖パーク 管理棟)
お問合せ 0173-22-2111(鶴田町役場 産業観光課)

Google Map

鶴田の見どころ 一覧

events&news

鶴と国際交流の里・鶴田町の楽しみ方、載っています。

メデタイ・ツルタは、青森県鶴田町の魅力を全国・世界に向け情報発信をする、観光プロモーションウェブマガジンです。

recommend

community

青森県鶴田町観光ウェブマガジン メデタイ・ツルタ 公式Twitter
鶴田町役場

鶴田町役場
〒038-3595 青森県北津軽郡鶴田町大字鶴田字早瀬200番地1
TEL:0173-22-2111FAX:0173-22-6007MAIL:メールはこちらから

© 2012-2016 medetai-tsuruta. All Rights Reserved.