Language

鶴田のコト・ヒト

津軽のへそを見つけに行く

「津軽人は、津軽という土地の、永遠の囚人であるか、または永遠の愛人なのである。」と語ったのは、作家の五木寛之である。津軽の風土の根っこにあるもの。鶴田町を散歩すると、そんな根っこの部分、へそに気づかされる。

まちのまんなかをゆるりと流れる岩木川、スーッと端正な岩木山。藩政時代からのため池と、日本一の三連太鼓橋。「まちづくりは、人づくり」と、県内に先駆けて国際交流のまちを推進し、朝ごはん条例を打ち出した。

そこには、愛すべき津軽のジョッパリ精神とモツケ魂、そして、新田開発に立ち向かった先人たちのDNAが感じられる。

津軽のへそを感じながら、とっぷりと津軽の根っこにひたる旅もいい。

鶴田のコト・ヒトを通して
鶴田の楽しみ方をご紹介

鶴の舞橋ものがたり 橋に込められた想い
鶴田に縁のある人を通して、鶴田を見る 鶴田の人
歴史や伝説から、鶴田の今とこれからを読む 鶴田の伝統・歴史
食から鶴田を探る 鶴田の食

events&news

鶴と国際交流の里・鶴田町の楽しみ方、載っています。

メデタイ・ツルタは、青森県鶴田町の魅力を全国・世界に向け情報発信をする、観光プロモーションウェブマガジンです。

recommend

community

青森県鶴田町観光ウェブマガジン メデタイ・ツルタ 公式Twitter
鶴田町役場

鶴田町役場
〒038-3595 青森県北津軽郡鶴田町大字鶴田字早瀬200番地1
TEL:0173-22-2111FAX:0173-22-6007MAIL:メールはこちらから

© 2012-2017 medetai-tsuruta. All Rights Reserved.