Language

津軽富士見湖伝説 版画紙芝居

津軽富士見湖の悲恋物語の一場面を題材に、鶴田町の菊地咲子さん、さくらさん親子が制作した版画が、「第39回現代童画展」で入選しました。こちらでその版画を含めた悲恋物語の版画紙芝居をご覧になれます。

1.出会いの場面

富士見湖の伝説を版画で見る 出会いの場面

制作者:葛西 璃(富士見小学校1年)、葛西 彩(一般)

昔、富士見湖の近くに清水城がありました。そのお城の城主は忠勝というとても気の優しい若者でした。
ある年の桜のちる頃、忠勝は数人の家来と一緒に狩りに出かけました。たくさんの獲物をとり、昼飯を食べていたところ。遠くに煙が立ち上るのを見つけました。
忠勝「おや、あんなところに家があったかな?おい!みなのもの、あそこで茶でもごちそうになろう。」
草深い中にある家につくと、馬に水をやりました。
忠勝「突然ですまんが、茶を一杯、恵んでいただけないだろうか。」
そこへ、その家の娘がお茶を持って現れました。腰まである長い黒髪、山百合のような白い肌、忠勝はその娘に目を奪われてしまいました。
忠勝「なんと美しい、そなた、名をなんと申す。」
白上姫「白上と申します。」
忠勝「白上姫・・・また、茶をいただきに来てもよろしいか?」
白上姫「いつでもお越しください。おいしいお茶を用意しておきます。」

2.二人で会っている場面

富士見湖の伝説を版画で見る 二人で会っている場面

制作者:川村 羽美(富士見小学校3年)、川村 尚司(富士見小学校6年)

こうして忠勝は、白上姫に会うために雨の日も風の日も一人で狩りに出かけるようになりました。
夏には、富士見湖で水浴びをしたり、ホタルを追いかけたりました。秋には、野山を歩き、木々のざわめきに耳を傾けたり、山ブドウや、アケビをとって食べました。冬には、いろりを囲んであったかい鍋にしたつづみをうちました。
次の年の春には、桜の下で花見をしました。
こうして楽しい日々はあっという間に過ぎていきました。

3.城主が琴姫と見合いをしている場面

富士見湖の伝説を版画で見る 城主が琴姫と見合いをしている場面出会いの場面

制作者:川村 武悦(一般)、神 信子(一般・サンシャインスクール先生)

ところが、ある日、そんな二人をよそに、忠勝の親が、忠勝の結婚相手を勝手に決めてしまったのです。その結婚相手は、妙堂崎に住む琴姫という娘でした。
親の言う事に逆らえない忠勝は仕方なく琴姫と見合いをし、その後、結婚することに決まってしまいました。
結婚が決まった忠勝は、白上姫に会うことができなくなり、秋を過ぎたころには、ついに、白上姫を忘れるようになっていきました。

4.白上姫が着物を縫っている場面

富士見湖の伝説を版画で見る 白上姫が着物を縫っている場面

制作者:菊地 さくら(梅沢小学校1年)、菊地 咲子(一般)

そうとも知らない白上姫は、以前、約束していた、忠勝の正月用の赤い晴れ着を縫っていました。
白上姫「今年の正月は、これを着て一緒に初もうでに行こうかな。」
「赤は忠勝さんに似合うかな?」
「これが縫い終わったら忠勝さんのところへ持っていってあげよう。」
晴れ着を縫っていると、この一年間のいろいろな楽しい思い出が頭をよぎり、忠勝に会いたい一心で疲れも忘れて、何日も何日も縫い続けました。秋が過ぎ雪が降り始めるころ、やっと晴れ着は縫いあがりました。

白上姫は縫い終わった晴れ着を大切に胸に抱き、山道を足早に城へと急ぎました。雪のちらつく日でしたが、きらきらと舞い落ちる雪がとてもきれいでした。

5.城主と琴姫との婚礼と知りおどろいている場面

富士見湖の伝説を版画で見る 城主と琴姫との婚礼と知りおどろいている場面

制作者:安田 光来(鶴田小学校4年)、成田 結音(胡桃舘小学校4年)、小山内 陽央(富士見小学校6年)

そのころ忠勝は、琴姫との婚礼の準備も終わり、いよいよ婚礼の日を迎えました。
普段は目にすることのない、豪華な料理の数々。城の中はいたるところに花が飾られ、それは、華やかなものでした。城へはたくさんの人々がお祝いに駆けつけ、大変なにぎわいを見せていました。
晴れ着を胸に抱き城へ向かう白上姫は、その賑わいを不思議に思い、道行く人に尋ねました。
白上姫「何かお祝い事でもあるのですか?」
沿道の人「今日は城主様と琴姫様の婚礼の日じゃよ。」
白上姫は、自分の耳をうたがいました。
白上姫「城主様って?」
沿道の人「何をいっておる、忠勝様に決まってるじゃろ。」

その時、白上姫の手から、するりと赤い晴れ着がすべり落ちました。白上姫はしばらく動くことさえできませんでした。

6.白上姫が湖のほとりを歩いている場面

富士見湖の伝説を版画で見る 白上姫が湖のほとりを歩いている場面

制作者:田澤 泉稀(富士見小学校6年)

白上姫は人目を避けて、元来た道を引き返しました。沿道の楽しそうな人々とは反対に、うつむいたまま、とぼとぼと歩いていました。ちらちらと舞い落ちる雪が白上姫の頭や肩につき、しっとりと冷たく濡らしていきました。過ぎ去った楽しい思い出が次々と心に浮かびましたが、雪のようにすぐに消えていきました。
ふと、舞い落ちる雪のひとつを手の平で受け止めると、あっという間にとけて、頬をつたってこぼれ落ちる涙と一緒になりました。
白上姫は、手のひらをじっと見つめ、溶けた雪をしっかりと握りしめるとまた、ゆっくりと歩きだしました。

7.湖に身を投じて沈んでゆく場面

湖に身を投じて沈んでゆく場面

制作者:浅利 佳音(富士見小学校6年)、岡 樺胤(水元中央小学校1年)、吉田 登志子(一般)

気が付くと、そこは、忠勝との思い出の場所、富士見湖でした。
白上姫「ここでホタルをつかまえた・・・。あそこでは、水浴びをした・・・。忠勝さんにもう一度会いたかった・・・。」
ひらひら落ちる雪がホタルのようにも見えました。
忠勝とのこれまでの出来事を思い出すうち、いつしか、湖に足をふみ入れていました。すっかり体がつめたくなった白上姫にとって、富士見湖の水はむしろ、あたたかく感じました。
白上姫「ああ、なんてあたたかいのでしょう。まるで、忠勝さんのよう。」
白上姫は忠勝のふところに抱かれるようにそのまま、波紋を残して水中に消えていきました。

8.龍が登場して村人がおどろいている場面

富士見湖の伝説を版画で見る 龍が登場して村人がおどろいている場面

制作者:川村 大空(富士見小学校6年)、伊藤 寿紀(水元中央小学校3年)、田村 元稀(水元中央小学校3年)、高橋 美帆(富士見小学校6年)、貴田 昇蓮(水元中央小学校4年)

次の年の春、ある日のこと富士見湖の近くに住む村人がいつものとおり湖のほとりを散歩していると、小雨の降る霧がかった湖面に一筋の波をみつけました。

村人「んっあれは・・・白龍じゃ!白龍がでたっ!」
清水城の方角へまっすぐと湖面を進む白龍。そのあとに続く波はまるで長い黒髪のようです。
たちまちのうちに龍のうわさは村に広まり、白上姫が化身したものだと大騒ぎになりました。

9.城主が狂らんしている場面

富士見湖の伝説を版画で見る 城主が狂らんしている場面

制作者:安田 昌孝(一般)、安田 吉宏(一般)

このうわさはやがて、城主の耳にも入りました。
忠勝「この世に龍などいるはずはない、きっと何かの見間違いだろう。まして、白上姫の化身などありえないじゃないか。」
琴姫との幸福な生活で忠勝は白上姫の楽しい思い出すら忘れてしまっていました。しかし、この日を境に夜ごと、夢に龍が現れるようになり、眠れない夜を過ごすようになりました。
しばらくすると、忠勝は家来を呼び寄せ、言いがかりをつけては、切り捨てるようになりました。夢か現実かみさかいがなくなり、ついには、琴姫をも切り捨ててしまいました。琴姫は、ばたりとその場に倒れ、琴姫の真っ白な着物は見る見るうちに赤く染まっていきました。
その赤く染まった着物を見た時、

10.城主が湖に身を投じる場面

富士見湖の伝説を版画で見る 城主が湖に身を投じる場面

制作者:田澤 孔志(富士見小学校6年)

忠勝は、はっと我に返り、白上姫との約束を思い出しました。
家来たちや、琴姫を殺してしまったことや白上姫と交わした約束を忘れてしまったことは、悔やんでも悔やみきれません。そして、自分を許すことができなくなった忠勝は、城を抜け出し、龍が出たという富士見湖に向かいました。
まだ、夜が明けきらない富士見湖は霧が立ちこめ、静まり返っていました。
忠勝「そうだ、ここでわしは、白上姫と楽しい日々を過ごしたのだ。いったい自分はなんということをしてしまったのだ。」
忠勝は、湖を目の前にして、白上姫との約束も、楽しかった日々も思い出し、涙を流しました。そして一歩、また一歩と水の中に入っていきました。
霧が晴れたころに忠勝の姿はなくなっていました。

11.戸和田神社で供養している場面

戸和田神社で供養している場面

制作者:須藤 里美(一般)、坂本 恵子(一般)

その後、忠勝の姿を見たものは、だれ一人としていません。
このことを嘆いた村の人々は、忠勝をはじめ、不幸な最後を遂げた人々を供養するために、湖にほど近い場所に戸和田神社を建て、毎年供養したということです。
富士見湖は、こんな悲しい出来事がまるでなかったかのように、またいつものとおり、鳥たちのさえずりの中、岩木山を逆さに映していました。

12.たくさんの魚がすむようになった湖の場面

富士見湖の伝説を版画で見る たくさんの魚がすむようになった湖の場面

制作者:安田 光希(鶴田小学校2年)、須藤 紗花(富士見小学校6年)、川村 真美(富士見小学校2年)、安田 涼子(一般)、安田 光優(4歳)、秋庭 剛己(富士見小学校6年)、寺山 葡乃華(富士見小学校6年)

やがて、不思議なことに、それまで魚のいなかった溜め池に、たくさんの「ふな」や「こい」がすむようになり、たくさんの渡り鳥も来るようになりました。
今は、この自然豊かな富士見湖は津軽新田の水源地としても利用され、たくさんの人が訪れるようになりました。その、富士見湖の傍らにひっそりと建つ戸和田神社の戸和田様は豊作の神としてまつられるようになり、今でも、村人を見守っています。
この鶴田町、津軽富士見湖にはこんな伝説が語りつがれています。

おしまい

津軽富士見湖

鶴田町の人々にとって格別な存在の津軽富士見湖。語りつくせない魅力に満ちた津軽富士見湖は、最近、パワースポットとしても人気を集めています。
津軽富士見湖とは

津軽富士見湖

events&news

鶴と国際交流の里・鶴田町の楽しみ方、載っています。

メデタイ・ツルタは、青森県鶴田町の魅力を全国・世界に向け情報発信をする、観光プロモーションウェブマガジンです。

recommend

community

青森県鶴田町観光ウェブマガジン メデタイ・ツルタ 公式Twitter
鶴田町役場

鶴田町役場
〒038-3595 青森県北津軽郡鶴田町大字鶴田字早瀬200番地1
TEL:0173-22-2111FAX:0173-22-6007MAIL:メールはこちらから

© 2012-2017 medetai-tsuruta. All Rights Reserved.